メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

2度目の大阪万博

=山下浩一撮影

 2025年国際博覧会(万博)の大阪開催が決まった。大阪府などは人工島・夢洲(ゆめしま)を「未来社会の実験場」と位置づけ、2兆円の経済波及効果を見込む。一方、会場の隣に誘致を目指す統合型リゾート(IR)を巡っては、ギャンブル依存症の温床になりかねないとの懸念が根強い。55年ぶり2度目の大阪万博に求められるものは何か。

この記事は有料記事です。

残り4377文字(全文4536文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 生理で体育見学の女子生徒に口頭で理由報告させる 滋賀の県立高
  2. 漫画で解説 逃げても罪にならない!?の巻
  3. 逃走 実刑の男、刃物持ち 地検収容時、車で 110番2時間後 神奈川
  4. ムシに学んだ高精細印刷 インキ不要、安価に発色 京大グループ開発
  5. 「巡査、強靱な体力で順調に回復」と府警本部長 拳銃強奪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです