メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

2度目の大阪万博

=山下浩一撮影

 2025年国際博覧会(万博)の大阪開催が決まった。大阪府などは人工島・夢洲(ゆめしま)を「未来社会の実験場」と位置づけ、2兆円の経済波及効果を見込む。一方、会場の隣に誘致を目指す統合型リゾート(IR)を巡っては、ギャンブル依存症の温床になりかねないとの懸念が根強い。55年ぶり2度目の大阪万博に求められるものは何か。

この記事は有料記事です。

残り4377文字(全文4536文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  3. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  4. 天皇陛下即位を祝う献上品に文化庁長官制作の「シュプリンゲン」

  5. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです