メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ヒバクシャ

2018秋/1 「きのこ雲の下」伝える 日本赤十字社の元看護師・西久保キクノさん(92)

道ノ尾駅の臨時救護所で被爆者の手当てをする西久保(旧姓・鶴丸)キクノさん=長崎市で1945年8月10日、山端庸介氏撮影(西久保さん提供)

 広島、長崎への原爆投下から73年。今年6月には史上初の米朝首脳会談が開かれ、朝鮮半島の完全な非核化で合意したものの、その後の具体的な動きは見えてこない。核兵器廃絶の道のりは今なお遠いが、被爆者はそれぞれの立場から声を上げ、「核なき世界」の実現を求め続ける。記録報道「2018秋ヒバクシャ」は、被爆翌日の自身の姿が撮影された写真を今も大切にする一人の女性のストーリーから始める。

 日本赤十字社の元看護師、西久保キクノさん(92)は今月、佐賀市の自宅で73年前の自身が写った一枚の…

この記事は有料記事です。

残り1058文字(全文1297文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟の70代男性、特殊詐欺で2450万円被害 所持金尽きるまで電子マネー購入
  2. 滋賀・名神道の多重事故1人死亡 観光バス運転手を逮捕
  3. 半沢直樹 堺雅人主演の人気ドラマ続編が2020年4月放送 「ロスジェネの逆襲」「銀翼のイカロス」を映像化
  4. 「絶対に稼ぐ」「だらけるな、痩せろ」タイ拠点の振り込め詐欺 逮捕された日本人男15人の「奴隷生活」
  5. 羽生結弦が5000人魅了 千葉でアイスショー プルシェンコ、紀平らも華麗に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです