メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

花椒がかかった焼き肉を楽しむ1級フードアナリストの金成姫さん=東京都文京区の焼き肉店「辛口焼肉 英伍」で

 中国・四川料理に使う香辛料「花椒(かしょう)」を利かせた「しびれ料理」が人気だ。心地よい刺激と爽やかな香りが特徴で、即席麺や菓子などの商品化も相次ぎ、飲食店の取り扱いも増えている。これまでの「激辛ブーム」とはひと味違う、しびれの魅力に迫る。

 ●リピーター続出

 激辛は1980年代から定期的にブームになっている。ピリピリするような激辛のスナック菓子が次々とヒットし、キムチ鍋も今や定番に。激辛ラーメン専門店やフードイベントには長い行列ができる。今年も訪れたブームの特徴は「しびれ」。舌がしびれるような刺激が人気だという。

 その代表が花椒だ。中国語読みで「ホアジャオ」。マーボー豆腐の風味付けなどに使われる。しびれを意味す…

この記事は有料記事です。

残り1878文字(全文2188文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  2. 「亡き友よ 次は甲子園の優勝メダル届けるよ」筑陽学園・西舘投手
  3. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  4. 高2自殺の背景に教員らの「いじめ」があった 遺族は強い憤り
  5. 初出場の筑陽学園がセンバツ初勝利 福知山成美との競り合い制す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです