メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

「花椒」の「しびれ」が魅力

花椒がかかった焼き肉を楽しむ1級フードアナリストの金成姫さん=東京都文京区の焼き肉店「辛口焼肉 英伍」で

 中国・四川料理に使う香辛料「花椒(かしょう)」を利かせた「しびれ料理」が人気だ。心地よい刺激と爽やかな香りが特徴で、即席麺や菓子などの商品化も相次ぎ、飲食店の取り扱いも増えている。これまでの「激辛ブーム」とはひと味違う、しびれの魅力に迫る。

 ●リピーター続出

 激辛は1980年代から定期的にブームになっている。ピリピリするような激辛のスナック菓子が次々とヒットし、キムチ鍋も今や定番に。激辛ラーメン専門店やフードイベントには長い行列ができる。今年も訪れたブームの特徴は「しびれ」。舌がしびれるような刺激が人気だという。

 その代表が花椒だ。中国語読みで「ホアジャオ」。マーボー豆腐の風味付けなどに使われる。しびれを意味する「麻(マー)」から、「マー活」「しび活」といった造語も生まれた。コンビニやスーパーの棚には、しびれを利かせた菓子や即席麺などの食品が続々と登場。ラーメンの専門店も増え、大手うどんチェーンもメニューに加えるなどブームが広がりつつある。

この記事は有料記事です。

残り1761文字(全文2188文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  4. 緊急事態宣言の非科学性

  5. 特集ワイド コロナで疲弊する病院 現場の負担、省く支援を 神戸大大学院教授・岩田健太郎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです