メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

共生のために

外国人就労を考える 外国籍の子供支援を NPO法人「フローレンス」代表理事・駒崎弘樹さん(39)

駒崎弘樹・NPO法人「フローレンス」代表理事=東京都千代田区で2018年11月16日、堀智行撮影

 私たちが運営する保育園でも、外国籍の子供が増えており全園で対応を始めている。例えば東京都豊島区の園では、定員12人のうち7人が外国籍だったことがある。保護者には日本語が通じず、英語も片言だけの人がいた。言葉が分からないと行政サービスから漏れてしまうし、必要な制度も伝えられない。英語で書いたお便りや、翻訳アプリを使うなどしてコミュニケーションを取っている。これが未来の保育園の日常になるかもしれない。

 だが、こうした現場に共生社会の実現に向けた予算はまったく配分されず、経済界が事実上の移民にただ乗り…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 丸山衆院議員 聴取欠席へ 「女を買いたい」週刊誌報道、戦争発言など 自民、弁明提案
  2. 夕張メロン2玉500万円 過去最高値、札幌で初競り 
  3. マグロ1本3億円超、史上最高値 豊洲市場初競り
  4. 「丸山氏早く辞め病院へ」松井一郎大阪市長 「完全に一線越えている。社会人として失格」
  5. 琥珀採掘が大人気 ティラノサウルス出土で 岩手・久慈

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです