メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 「廃炉資料館」あす開館 原発内の様子も 富岡町

東京電力廃炉資料館内にある「エフ・キューブ」。福島第1原発構内の様子を立体的に見ることができる=福島県富岡町で2018年11月28日、喜屋武真之介撮影

 東京電力は30日、福島第1原発事故や廃炉事業の現状を一般向けに伝える初めての施設「廃炉資料館」を福島県富岡町に開館する。2階建て。

 事故の記憶や教訓の継承に力点を置いた内容で、2階では事故による全電源喪失で真っ暗になった中央制御室の様子を映像で再現。1階では廃炉状況を説明。壊れた原子炉建屋前や作業…

この記事は有料記事です。

残り58文字(全文208文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 余録 「古着屋が袖口で知る左きき」…

  2. 韓国野党代表、頭丸めて法相罷免要求 2女性議員に次ぎ3人目

  3. 治安 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  4. 大坂なおみ選手「次は私に話してほしい」 日清アニメPR動画削除

  5. 佳子さまオーストリア訪問 大統領を表敬

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです