メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
点字毎日

図書室 プレゼント

幸せの入り口屋 いらっしゃいませ【西亀真著、墨字】

 著者は47歳の時に失明。助けを求めた時に断られても傷つかないためには、慣れるしかないと、1万回「すみません」と声を掛けようと「1人で47都道府県を全て回る」旅に出る。こうした自らの経験と、カウンセリングやコーチングの活動を通じて「自分だけの幸せ」を見つける喜びと大切さを伝える1冊。巻末には、2006年の第75回全国盲学校弁論大会で準優勝した弁論を掲載。「決して決してあきらめないで あなたの夢を」という、変わらぬ思いを伝える。そして、その弁論で諦めかけた自分が勇気をもらったと話した藤野高明さんが巻頭メッセージを寄せた。261ページ。税別1300円。ごま書房新社(03・3865・8641)。サピエに、点字、音声デイジーあり。

この記事は有料記事です。

残り1207文字(全文1547文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  2. 韓流パラダイム 文大統領が沈黙を続ける 2005年に下した徴用工問題巡る外交判断

  3. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  4. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

  5. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです