メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高松

「幻の列車」ガソリンカー、模型で復元へ 香川高専

1931年に撮影されたガソリンカーと県立志度商業学校(現・県立志度高校)の学生ら=高松市立塩江美術館提供

 高松市郊外で1929年から12年間だけ走った、ガソリンが燃料の列車「ガソリンカー」を精巧な45分の1サイズの模型で復元させようと、香川高専高松キャンパス(高松市勅使町)の学生らが取り組んでいる。全国各地のローカル線などで普及したが、戦時体制による燃料不足などを理由に姿を消した「幻の車両」だ。9月には製造元がかつて作成した設計図も見つかり、復元作業にはずみがつくと喜んでいる。【小川和久】

 ガソリンカーは高松琴平電気鉄道(高松市)の前身である琴平電鉄に合併された塩江温泉鉄道が、香川郡の仏生山町(現・同市仏生山町)と塩江村(現・同市塩江町)を結ぶ約16キロで運行していた。川崎車輌(現・川崎重工業)が製造し、当時のカタログによると1両は長さ8.35メートル、幅2.25メートル、高さ3.34メートルで40人乗り。5両が導入された。地域の足として住民に親しまれたが、戦時体制に伴う物資難で燃…

この記事は有料記事です。

残り727文字(全文1122文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相会見 官邸職員が記者の腕つかむ 朝日新聞社が抗議

  2. ABCテレビ、報道番組「キャスト」スタッフが新型コロナ陽性 感染の女性アナと仕事

  3. 女子高生をワイヤで拘束、監禁 容疑で会社経営者を逮捕 埼玉県警

  4. 愛知県で新たに140人感染 10日連続100人超 名古屋市は72人

  5. ORICON NEWS 元アイドリング!!!の伊藤祐奈さん、巨人・北村拓己選手との結婚発表 第1子出産も報告

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです