メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

温暖化

健康リスク深刻 7年間で1億5700万人増

 世界で熱波にさらされる人が2017年までの7年間で延べ1億5700万人増えるなど、地球温暖化が人の健康に深刻なリスクとなっているとの分析を、欧米の研究機関や世界保健機関(WHO)などの国際研究チームがまとめた。28日付の英医学誌ランセット電子版に発表した。

     高齢者や持病がある人、屋外で働く人への悪影響が特に懸念され、「温暖化の原因となる温室効果ガスの大幅削減が必要だ」と訴えた。

     チームは、温暖化で増える熱波や干ばつ、感染症などによる健康影響を分析。熱波にさらされる人は増加傾向で、17年は16年より1800万人増えたことが分かった。気温が上がると熱中症や脳卒中、心臓まひ、肺疾患などの健康リスクが高まる。特にヒートアイランド現象で暑くなる都会の高齢者が影響を受けやすいと指摘した。

     デング熱を媒介する蚊の生息に適した範囲が広がるなど、感染リスクが拡大。干ばつの増加で穀物の収量が低下し、栄養不良に関連する死者の増加を引き起こしていると強調した。収量が減少傾向にあるのは世界で30カ国に上る。

     温暖化は経済損失も招いている。暑さで屋外の仕事ができなくなるなどして、17年は世界で1530億時間分の労働が失われたと算出した。うち8割は農業分野だった。

     温室効果ガスの削減のためには、石炭火力発電所の廃止といった化石燃料への依存低減や、再生可能エネルギーの拡大が必要だと指摘した。特に化石燃料の使用を減らせば、毎年推定700万人の死者をもたらしている大気汚染の改善も見込めるとしている。(共同)

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 「女子はコミュ力が高いが20歳過ぎれば差がなくなるので男子を補正」 順天堂不適切入試
    2. 住宅ローン減税、現行の10年から13年に 3年延長検討 消費増税対策で
    3. 麻生財務相の言いたい放題、なぜ許される 批判の声と許容の声
    4. 盗難の松本清張全集、ファン寄贈 北九州の図書館、書棚に戻る
    5. 逮捕前のゴーン前会長、西川社長の更迭計画 米紙報道

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです