東京都

水道局談合疑惑 職員が価格情報を業者に漏えい

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 東京都水道局が委託する浄水場施設の運転業務で談合を繰り返したとして、公正取引委員会が独占禁止法違反(不当な取引制限)の疑いで水道局などを立ち入り検査した問題を受け、都は29日、50代の男性職員が契約に関する価格情報を業者に漏えいしていたと発表した。職員は「業者が変わると排水処理の運営が滞ると考えた。金銭…

この記事は有料記事です。

残り230文字(全文383文字)

あわせて読みたい

ニュース特集