メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

辺野古移設

首相「計画通り」 沖縄知事と隔たり埋まらず

安倍首相との会談後、記者団の質問に答える玉城デニー知事=首相官邸で2018年11月28日午後1時37分、川田雅浩撮影

 安倍晋三首相は28日、沖縄県の玉城デニー知事と首相官邸で約15分間、会談した。米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の名護市辺野古への移設を巡り、玉城氏が工事中止を重ねて求めたのに対し、首相は「計画通り移設作業を進めていきたい」と従来の政府方針を述べた。政府と沖縄県の集中協議はこの日で終了。互いの隔たりは埋まらなかった。政府は12月中にも辺野古沿岸部で土砂の投入を始める。

 玉城氏の就任後、首相との会談は2回目。玉城氏は今月中旬に訪米したことを説明し、「知事選で再度示され…

この記事は有料記事です。

残り393文字(全文628文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 死者50人不明18人 避難者3万8000人 雨に警戒を 台風19号

  3. 台風19号で長野のライフラインにも打撃 1万1000人態勢で復旧作業

  4. 早朝の決壊、避難できず 台風19号

  5. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです