政府

走行距離ごとの課税も検討 税制の抜本的な見直しへ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
現行の自動車関連税制
現行の自動車関連税制

 政府・与党は自動車に関する税制の抜本的な見直しを検討する。現在の排気量などに基づいた課税から、走行距離などに基づく課税に見直す。電気自動車(EV)や、車を所有せずに共有する「カーシェアリング」の普及など車を取り巻く環境変化に対応するのが狙い。年末にまとめる2019年度与党税制改正大綱に将来的な検討課題として盛り込む方針で、見直しは20年度以降になる見込みだ。

 28日の自民党税制調査会の会合後、額賀福志郎小委員長が明らかにした。

この記事は有料記事です。

残り509文字(全文725文字)

あわせて読みたい

注目の特集