メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
中国

「ゲノム編集で双子」政府指針違反の疑いで調査開始

近く本人からも事情を聴く方針

 【北京・浦松丈二】中国の研究者が遺伝子を改変できるゲノム編集技術をヒトの受精卵に適用し、双子の女児が誕生したと主張していることについて、中国政府は、ヒトの受精卵の取り扱いについての政府指針に違反している疑いがあるとして本格的な調査を開始した。近く本人からも事情を聴く方針とみられる。28日付の中国各紙が報じた。

 研究者は南方科技大(広東省深セン)の賀建奎(がけんけい)副教授。不妊治療をしていた7組のカップルの…

この記事は有料記事です。

残り398文字(全文618文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 500ミリ飲料のストロー穴復活! ストローは付きませんが…グリコ「マイルドカフェオーレ」など

  2. サンデー毎日発 全国240大学・実就職率ランキング 学生の将来にも責任を持つ就職支援力が高い大学は?

  3. 妻のがん闘病支えるパキスタン人男性 在留特別許可求め提訴 

  4. 訪日客人気スポット「チームラボ」菅長官が視察「来年は4000万人に」

  5. 大阪メトロ、車掌が乗務中にディズニーツムツム「駄目なのは分かりつつ…」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです