メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国

「ゲノム編集で双子」研究者、説得力ある説明せず

 中国の研究者がゲノム編集技術を使ってヒトの受精卵の遺伝子を改変し、双子が生まれたと主張している問題で28日、香港で開催中の国際会議で本人が研究の経緯を発表した。だが、双子の実在を示す具体情報は明らかにせず、出産の真偽は不明のまま。研究の妥当性も説得力のある説明がなく、会場から批判的な意見が相次いだ。

 研究者は深セン・南方科技大の賀建奎(がけんけい)副教授で、ゲノム編集をテーマに学術団体が主催する会議に登壇。公の場での初の発言となった。賀氏は、7組のカップルの受精卵計31個についてエイズウイルス(HIV)感染を抑止するよう遺伝子を改変。うち1組から健康な双子の女児が誕生したという。胎盤などの遺伝情報を解析し、目立った異常がないことを確認したという。論文は近く投稿するとし、もう一人の妊娠の可能性…

この記事は有料記事です。

残り229文字(全文580文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 立憲・塩村文夏議員の看板壊される 世田谷の事務所、郵便受けも被害

  2. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  3. 政府、マイナンバー「全口座ひも付け」義務化検討 来年の法改正目指す

  4. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  5. 「警官に押さえ込まれけが」 渋谷署前で200人が抗議デモ クルド人訴えに共鳴

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです