メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国

「ゲノム編集で出産」 影響、世代超えて伝わる恐れ

 ゲノム編集で遺伝子改変した子を誕生させる行為が問題視されるのは、想定外の遺伝子変異などで、予期せぬ影響が世代を超えて伝わる恐れがあるからだ。また、遺伝子の修復と改良との差は紙一重のため、親が望む能力や容姿を持つ「デザイナーベビー」作りにもつながりかねない。

法規制、日本は遅れ

 日本では、政府の生命倫理専門調査会が2016年、遺伝子改変した受精卵の母胎への移植は「容認できない」とする見解を示し、研究指針の整備を進めているが、法的な規制はな…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 丸山氏、衆院理事会の聴取欠席 「2カ月の休養必要」という診断書提出
  2. さくらももこさんのカメが静岡の動物園に きょうから公開
  3. 著しく低下するメイ首相の求心力 労働党への譲歩に反発 「即時辞任」圧力強まる
  4. メイ英首相が辞任表明 EU離脱巡り
  5. 滋賀の名神道で多重事故 30人以上けがか 2人意識不明 草津JCT付近

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです