メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニュース&トピックス

がんばろう日本!スーパーオーケストラ 被災地へ熱い思い 来年3月1日、東京・サントリーホール

 <出かけてみませんか 毎日新聞社の催し>

     東日本大震災の直後から毎年開催しているチャリティー公演「がんばろう日本!スーパーオーケストラ」が来年3月1日、東京・サントリーホールで開催されます。

     2011年5月にスタートして、今回で9回目。全国各地の交響楽団などで活躍する演奏家有志が集まって一夜限りの楽団を結成。力を込めた演奏で、震災で保護者を亡くした子どもたちを応援します。

     今回、夢の楽団と競演するのは、バイオリニストの木嶋真優さん。期待の若手実力派です。このコンサートの発起人の一人でもある高関健さんが再び指揮を執り、ブラームスの協奏曲のほか、ドボルザークの交響曲を披露します。被災地への熱い思いを奏でる調べに、どうぞご期待ください。

     会場では震災遺児の学業継続や、高校・大学への進学を支援する「毎日希望奨学金」の募金活動を行います。チケットは各プレイガイドで好評発売中です。

     <日時>2019年3月1日(金)午後7時開演(同6時半開場)<会場>サントリーホール(東京都港区赤坂1、地下鉄・六本木一丁目、溜池山王下車)<出演>高関健(指揮)、木嶋真優(バイオリン)、がんばろう日本!スーパーオーケストラ(コンサートマスター=小森谷巧)<曲目>ブラームス「バイオリン協奏曲ニ長調作品77」、ドボルザーク「交響曲第8番ト長調作品88」ほか<チケット>3800円(全席指定、税込み)、イープラス(http://eplus.jp/gambaro/)、サントリーホールチケットセンター(0570・55・0017)、ローソンチケット(0570・000・407、Lコード33732)、チケットぴあ(0570・02・9999、Pコード132-123)<問い合わせ>毎日新聞社事業本部(03・3212・0804)=平日午前10時~午後6時

     主催   毎日新聞社

     特別協力 伊藤忠商事、キリン、グリー、大成建設、東日印刷、ネスレ日本

     協力   特定非営利活動法人クウォーター・グッド・オフィス


    t.jigyou@mainichi.co.jp

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 山田太郎票515票を山本太郎票に 職員思い込みで富士宮市選管集計ミス
    2. 京アニが支援金受け付け口座開設 詳細はホームページに掲載
    3. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
    4. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
    5. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです