メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人生は夕方から楽しくなる

ミュージシャン・近田春夫さん 母の介護、大腸がん…音楽活動を本格再開

近田春夫さん=東京都渋谷区で2018年11月6日、藤井太郎撮影

 ミュージシャンは音楽論ではなく、意外なことを口にした。「おしょうゆが先か、砂糖が先か。どの段階で入れるのかで味が変わる。試行錯誤です」。趣味とする料理手順の説明がどこか実験のように聞こえる。和洋中とレパートリーは幅広いが、作って楽しい料理は「フキの佃煮(つくだに)」。その訳とは?

 「下ごしらえが面倒な料理が好きなの。フキなんかその代表でしょ。湯がいて筋を取って、あく抜きして。簡単にできることより、面倒で難しいことの方が面白い! 手間が掛かることにもえるタイプっていうか」。そう言うと、豪快に笑った。

 料理との出合いは10年ほど前。心筋梗塞(こうそく)になりかけた母(99)の介護がきっかけだった。「…

この記事は有料記事です。

残り1330文字(全文1632文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. SMAP元メンバー出演に圧力か ジャニーズ事務所を注意 公取委
  2. 「吾郎ちゃんら元SMAP3人、なぜテレビに出ないの?」に公取委が判断 ジャニーズに注意
  3. 民放テレビ局幹部 ジャニーズ事務所から「圧力ないが過剰にそんたくはあったかも」
  4. 新しい地図 ファンの笑顔と共に 3人で描く
  5. ジャニーズ「圧力の事実はないが当局の調査は重く受け止める」 HPでコメント発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです