メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 時代劇を見た小学生から「武士は人を殺しても構わないの?」と聞かれたら、どう答えるだろうか。現代人は戦争による殺りくは「悪」と捉える。なのに、時代劇で人を斬ることには無頓着で、拍手喝采することもある。なぜか? 塚本晋也監督はこんな「小学生みたいな疑問」を常々持ち、この映画を着想したという。普通の時代劇だと思って鑑賞すると不意打ちに遭う。

 舞台は幕末の農村。野良仕事を手伝って食いつなぐ浪人の杢之進(池松壮亮)に、農家の娘ゆう(蒼井優)は…

この記事は有料記事です。

残り1119文字(全文1338文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「合意があったと…」 性暴力問題の広河氏が手記 「責任回避では」と批判の声
  2. CBCテレビ 「水戸黄門」再放送終了へ 74年から通算6800回
  3. 引退「いつかは分からない 毎日その日を懸命に生きてきた」 イチロー一問一答
  4. イチロー、華麗な守備は健在
  5. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです