連載

続・西谷流地球の歩き方

世界を取材するフリージャーナリストの西谷文和さんが、各地のエピソードをつづります。

連載一覧

続・西谷流地球の歩き方

ISがズタズタ 人々は今

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
イラク・アラバット避難民キャンプ=西谷文和さん提供
イラク・アラバット避難民キャンプ=西谷文和さん提供

 今月末からイラクで取材を始める。イラクというと砂漠で暑い国というイメージが強いようだが、それは首都バグダッド周辺の気候であって、取材予定のスレイマニア市は北部にあり、冬には雪が降る。

 郊外に巨大なアラバット避難民キャンプがあり、ここで毛布を配る予定だ。キャンプには1万7000人以上の避難民が暮らしていて、緑の大地に白いテントが延々と連なっている。

 住民たちは大きく二つに分かれている。イラク第2の都市モスルから逃げてきたアラブ系の人々と、イラクとシリアの国境地帯から逃げてきたヤジディー教徒のクルド人たちである。どちらも「イスラム国」(IS)に侵略された後、イスラム教のスンニ派以外の男性は殺害され、女性はレイプされた。

この記事は有料記事です。

残り308文字(全文620文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集