メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マラソン

サブ3、全国制覇王手 大阪50歳ランナー、来月2日松江で挑戦

これまでに獲得したトロフィーの前で「サブ3全国制覇」へ意気込む蔵本康孝さん=大阪府松原市で2018年11月27日、望月亮一撮影

 市民マラソンの鉄人が全47都道府県での「サブ3(スリー)」に向け、松江市で来月2日に開かれる大会に挑む。大阪府松原市の郵便局員、蔵本康孝さん(50)。42.195キロを3時間を切るタイムで走るサブ3を達成できる市民ランナーは一握りで、愛好者団体からは「全都道府県での達成は日本初では」との声も。島根県では14年ぶりに催されるフルマラソンでもあり、蔵本さんは「待ちに待ったチャンス」と意気込んでいる。【塚本恒】

 蔵本さんが「全国制覇」の仕上げに出場するのは「国宝松江城マラソン」。

この記事は有料記事です。

残り542文字(全文782文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 年300校消える公立小 「1日限定」開放で思い出に浸るOBら 滋賀・甲賀

  2. 米、日本への渡航警戒レベル引き上げ 新型コロナ感染拡大で 不要不急の旅行延期検討呼びかけ

  3. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

  4. 新型コロナ 感染女性は小学校の給食配膳員 北海道・江別市教委が発表

  5. 現場から 神戸・児相門前払い 把握後も報告、公表怠る 市家庭支援課、事態の矮小化目立ち /兵庫

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです