メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

戊辰戦争150年

上越で特別展 高田藩、葛藤の軌跡 資料70点で紹介 /新潟

 江戸から明治に大きく時代が動いた150年前、国内を二分した戊辰戦争に高田藩はどう臨んだかを振り返る特別展「高田藩と戊辰戦争」が、上越市の市立歴史博物館で開かれている。譜代大名の誇りと朝廷の権威との板挟みになりながらも、徳川家の存続と戦争回避の方針を掲げ、高田藩として筋を通して決断した軌跡と、その影響を市内外の資料約70点で紹介している。【浅見茂晴】

 特別展は、戊辰戦争の前哨戦となった長州戦争に始まり、苦渋の決断で新政府軍に合流。後方支援のため戦略…

この記事は有料記事です。

残り815文字(全文1041文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「合意があったと…」 性暴力問題の広河氏が手記 「責任回避では」と批判の声
  2. CBCテレビ 「水戸黄門」再放送終了へ 74年から通算6800回
  3. 引退「いつかは分からない 毎日その日を懸命に生きてきた」 イチロー一問一答
  4. イチロー、華麗な守備は健在
  5. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです