メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高松競輪場

施設改修し存続へ 市長、夜間レースに意欲 /香川

競輪場を存続させる考えを述べる大西秀人・高松市長=同市役所で、山口桂子撮影

 存廃が検討されていた県内唯一の競輪場「高松競輪場」について、運営者の市は29日、施設を改修した上で存続させていく考えを明らかにした。この日の定例記者会見で発表した大西秀人市長は「サイクルスポーツのメッカとなるような場にしたい」と述べ、夜間のレース開催や周辺整備による利用者増に意欲を示した。

 競輪場を巡っては、一部のスタンドが震度6強以上の揺れで崩壊する恐れが判明。収益が減少傾向にある一方で多額の改修費用がかかることから、廃止も含めた議論が進められていた。

 大西市長は存続を決めた理由について、スポーツ振興の拠点であることや、現時点で黒字が確保できている点…

この記事は有料記事です。

残り357文字(全文637文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プロ野球ドラフト指名漏れ 近江高・林投手、西濃へ 「3年後、必ずプロに」 /岐阜

  2. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  3. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  4. 津波来たらトラも逃げて 高知の動物園、高さ3メートル以上に避難棚設置

  5. オアシスのとんぼ 文在寅政権に多いと言われる「主体思想派」とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです