あじさいの湯

来月末で休館へ 老朽化、利用客減少 /福岡

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 八幡東区河内2の温浴施設「河内温泉 あじさいの湯」が12月末で休館することが分かった。北九州市が2000年11月に建設し、民間業者が賃借して運営。市によると、開館当初は年間33万人を超える利用者がいたが、施設の老朽化などと共に利用者が減少。昨年度は約11万人に落ち込んでいた。

 市は、年間約160万円の固定費と営業利益の半分を市に支払うこと…

この記事は有料記事です。

残り257文字(全文428文字)

あわせて読みたい

ニュース特集