メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

変革

第8部 JTB/2 新ツアー、訪日客照準

乗り合い型のバスツアーに参加する訪日客をガイドするマルコス・ゲレロ(右手前)=竹地広憲撮影

 「ここが皇居のメインゲートになります」「目の前にスカイツリーが見えてきました」。11月11日、浅草や皇居など東京都内の名所を巡るバスに約40人の外国人観光客が乗り込み、スペイン語によるガイドの説明を聞いては車窓の外に目を向けていた。JTBのスペイン子会社「ヨーロッパムンド」が昨年4月に始めた乗り合い観光バスツアー「シート・イン・コーチ(SIC)」。ツアーマネジャーのマルコス・ゲレロ(41)は「ガイドがいることで、日本をより楽しんでもらえるのがツアーの魅力だ」と語る。

 インバウンド(訪日外国人客)が急増しているものの、欧米を中心に「エクスペディア」などのオンライン旅…

この記事は有料記事です。

残り884文字(全文1170文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格
  2. 他人のカードで1億円引き出し 池袋署が窃盗容疑で女逮捕
  3. 東海大が大野さんとともに卒業式 熊本地震でのアパート倒壊で犠牲に
  4. 「麻生氏に八木山峠は越えさせない」 福岡知事選、気勢上げる自民造反組
  5. 沼田 現金4251万円持ち主名乗り続々 お宝騒動再び

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです