メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衆院憲法審査会

自民が開催強行 野党欠席、対立深まる

立憲、国民などの野党議員が欠席したまま開かれた衆院憲法審査会。中央は審議を進める森英介会長=国会内で2018年11月29日午前10時36分、川田雅浩撮影

 衆院憲法審査会が29日、今国会で初めて開催され、自民党の新藤義孝・与党筆頭幹事ら新幹事を選任した。森英介審査会長(自民)が主要野党と合意せず職権で憲法審開催に踏み切ったことに、立憲民主党など野党6党派は反発し、この日は欠席した。与党は今国会で一度も憲法審を開催できない事態を回避したものの、野党との対立は深まり、安倍晋三首相が目指す改憲論議の加速はさらに見込めなくなった。【田中裕之、小田中大】

 憲法審には与党の自民、公明、野党から日本維新の会、希望の4党と衆院会派「未来日本」が出席。幹事の選…

この記事は有料記事です。

残り760文字(全文1008文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」来年度は中止 官房長官が発表

  2. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 「桜を見る会」萩生田文科相、支援者の参加認める 推薦名簿の保存明らかに

  5. 粗悪ホイール販売容疑 カー用品大手「オートウェイ」社長ら3人逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです