メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

外国人受け入れ/下 企業の現場から 活躍できる制度設計を=今村茜(東京経済部)

10月1日にメルカリに入社した新卒社員の9割をインド工科大学出身者ら外国人が占めた=東京・六本木の本社で、今村茜撮影

 仕事途中にコンビニに寄ると、カウンターでレジを打つ従業員の名札につい目が向く。都心では多くが外国人で、名前は中華系、ベトナム系などさまざまだが、丁寧な日本語で接客してくれる。たまに見かける日本人は外国人従業員を指導する管理職のような存在と分かる。週末に子供と飲食店に行っても、アジア系の外国人従業員が料理を運んでくることが多い。

 政府は「日本は移民国家ではない」と強調するが、すでに多くの産業が外国人労働力に支えられている。実際、2017年の外国人労働者数は約128万人となり、5年間でほぼ倍増(厚生労働省調べ)した。年々増加ペースにあり、16年からの1年間に増加した国内労働者の約3割を外国人が占める計算だ。

この記事は有料記事です。

残り1729文字(全文2035文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  2. ボンベガス吸う遊び中に爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  3. なぜ今受ける? アニメ映画「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」 興収100億円を最速で突破

  4. 誰にも知られず3カ月で消えた命 父不明、トイレ出産、出生届もなく…孤立した母

  5. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです