メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界@日本

国情映す刑事手続き フランス/日本/米国/中国/韓国

カルロス・ゴーン容疑者(右)とマクロン仏大統領=AP

 金融商品取引法違反の疑いで逮捕された日産自動車の前会長、カルロス・ゴーン容疑者の東京拘置所での勾留の状況を巡り、仏誌ルポワンは、接見禁止措置が取られていることや取り調べに弁護士が立ち会えないことを紹介し、「家族が接見できても15分程度で、面会での会話は日本語しか認められない」などと報じている。取り調べへの弁護士の立ち会いや勾留時の対応について各国の事情をまとめた。

この記事は有料記事です。

残り2826文字(全文3010文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  2. 最期の別れに親戚も呼べないなんて…新型コロナで葬儀縮小、会食中止 棺不足も

  3. 感染者の確認ない鳥取・島根 外出自粛の都市部から観光客も 新型コロナ

  4. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  5. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです