メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界@日本

国情映す刑事手続き フランス/日本/米国/中国/韓国

カルロス・ゴーン容疑者(右)とマクロン仏大統領=AP

 金融商品取引法違反の疑いで逮捕された日産自動車の前会長、カルロス・ゴーン容疑者の東京拘置所での勾留の状況を巡り、仏誌ルポワンは、接見禁止措置が取られていることや取り調べに弁護士が立ち会えないことを紹介し、「家族が接見できても15分程度で、面会での会話は日本語しか認められない」などと報じている。取り調べへの弁護士の立ち会いや勾留時の対応について各国の事情をまとめた。

この記事は有料記事です。

残り2826文字(全文3010文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  2. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  3. 比例代表、れいわ2人目当選 重度身障者の木村さん
  4. れいわ山本代表「落選なら次は衆院選に」
  5. れいわで国会バリアフリー化求められる 重度障害・ALS患者の舩後氏初当選

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです