メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界@日本

国情映す刑事手続き フランス/日本/米国/中国/韓国

カルロス・ゴーン容疑者(右)とマクロン仏大統領=AP

 金融商品取引法違反の疑いで逮捕された日産自動車の前会長、カルロス・ゴーン容疑者の東京拘置所での勾留の状況を巡り、仏誌ルポワンは、接見禁止措置が取られていることや取り調べに弁護士が立ち会えないことを紹介し、「家族が接見できても15分程度で、面会での会話は日本語しか認められない」などと報じている。取り調べへの弁護士の立ち会いや勾留時の対応について各国の事情をまとめた。

この記事は有料記事です。

残り2826文字(全文3010文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 写真にしか見えない“鉛筆画” 作者が語る魅力「複製できない、消しゴムで消せる儚さ」
  2. 札幌の爆発、不動産店で「消臭スプレー100缶ガス抜き」 現場検証始まる
  3. 寝屋川中1殺害 母親証人尋問「天真らんまんな優しい子」
  4. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  5. 許さない 性暴力の現場で/4 兄からの虐待 逃げ得…納得できない /群馬

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです