メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界@日本

国情映す刑事手続き フランス/日本/米国/中国/韓国

カルロス・ゴーン容疑者(右)とマクロン仏大統領=AP

 金融商品取引法違反の疑いで逮捕された日産自動車の前会長、カルロス・ゴーン容疑者の東京拘置所での勾留の状況を巡り、仏誌ルポワンは、接見禁止措置が取られていることや取り調べに弁護士が立ち会えないことを紹介し、「家族が接見できても15分程度で、面会での会話は日本語しか認められない」などと報じている。取り調べへの弁護士の立ち会いや勾留時の対応について各国の事情をまとめた。

この記事は有料記事です。

残り2826文字(全文3010文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. CBCテレビ 「水戸黄門」再放送終了へ 74年から通算6800回
  2. 西山さん「無罪判決もらえるよう、頑張る」 滋賀患者死亡・再審確定
  3. 除染土使用に反発「安全なら五輪に」 福島・常磐道の沿線住民
  4. 頼みのバッハ会長が水面下で「NO」突きつけ…JOC竹田会長は「詰んでいた」
  5. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです