メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米政府

サウジ支援、理解求める 議会、見直しの声強く

米上院のサウジアラビアに関する会合に出席後、報道陣の取材に応じるポンペオ米国務長官=米ワシントンで28日、AP

 【ワシントン高本耕太】米国のマティス国防長官とポンペオ国務長官は28日、サウジアラビアのイエメン内戦介入やサウジ人記者、ジャマル・カショギ氏殺害事件に関する上院の会合に出席した。サウジとの関係を重視するトランプ政権の姿勢を強調し、サウジ支援継続への理解を求めた。だが、カショギ氏事件やイエメン内戦の泥沼化を受け、議会では対サウジ関係見直しを求める声が高まっている。

 会合は全上院議員を対象に非公開で実施された。公表された準備書面によると、マティス氏は冒頭、イランや…

この記事は有料記事です。

残り661文字(全文894文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

  2. 丸山穂高氏、饗宴の儀で不適切言動か 「何をもって泥酔していたというのか」本人は否定

  3. 「日本で問題起きた」反日批判で外務省急変 ウィーン美術展公認取り消し

  4. クマの親子とバッタリ 69歳男性、顔などかまれ重傷 滋賀

  5. 「妊娠しないで」「謝れ」「戻る場所ない」これがマタハラの実態

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです