メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ロシア・ウクライナ

非難合戦 艦船拿捕は公海上?

 【モスクワ大前仁】ロシア国境警備隊がウクライナ艦船を攻撃、拿捕(だほ)した問題は、両国首脳が非難合戦を続けるなど、収束の気配を見せていない。ウクライナ政府はロシアが公海で攻撃してきたと指摘しており、事実ならば国際社会の批判が更に高まりそうだ。

 ロシアのプーチン大統領は28日、事件について初めて言及し、「キエフ(ウクライナ政府)は反ロシア感情を沸き立たせており、それに成功している」と言明。メドベージェフ首相も、来春に大統領選を控えたウクライナのポロシェンコ大統領が危機を政治利用していると批判した。

 ここ数日、ロシアがウクライナ南部クリミア半島で、最新の地対空ミサイルシステムS400を増強している…

この記事は有料記事です。

残り329文字(全文630文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京都府警・木津署長が自殺か 息子の金銭トラブルで報道
  2. レンジで袋ごと温めるポテトチップス発売 開発2年半の労作 カルビー
  3. プロ野球 中日・松坂、腕引かれ右肩炎症 選手の安全か、ファン優先か 警備強化、対応に苦慮
  4. おかあさんといっしょ 「すりかえかめん」も終了 よしお兄さん「だじゃれはアドリブ」
  5. トランプ氏ノーベル平和賞推薦 米から依頼 野党「恥ずかしい」と首相批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです