メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

粗悪学術誌

新潟大、投稿「禁止」 ハゲタカ対策、明文化

 ずさんな審査で論文をインターネットに掲載し、掲載料を得る粗悪な学術誌「ハゲタカジャーナル」が増えている問題で、新潟大は、ハゲタカ誌への論文投稿を事実上禁止する学内指針「粗悪学術誌に対する方針」を定めた。掲載料支払先の明示の義務化を盛り込んでチェックし、研究者や学生向けの倫理教育の実施も求める。国内の大学で、ハゲタカ誌に対する具体策の明文化が明らかになるのは初めて。【鳥井真平】

 毎日新聞が専門家の協力を得て、ハゲタカ誌を出しているとされる海外の出版社の327誌を調査したところ、日本からの論文は5076本あり、新潟大は大学別で4番目に多い102本だった。このため、新潟大が対策を検討していた。

この記事は有料記事です。

残り572文字(全文870文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 殺菌効果は半永久 ウイルスの不活性を早める銅繊維シート開発 新型コロナ

  2. 「6月に消費税0%」で令和の恐慌を防ぐ

  3. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  4. 緊急事態 愛知知事が対象追加を要請 10日午後、県独自で宣言

  5. 東京都 新たに180人以上の感染確認 1日で最多 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです