粗悪学術誌

新潟大、投稿「禁止」 ハゲタカ対策、明文化

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 ずさんな審査で論文をインターネットに掲載し、掲載料を得る粗悪な学術誌「ハゲタカジャーナル」が増えている問題で、新潟大は、ハゲタカ誌への論文投稿を事実上禁止する学内指針「粗悪学術誌に対する方針」を定めた。掲載料支払先の明示の義務化を盛り込んでチェックし、研究者や学生向けの倫理教育の実施も求める。国内の大学で、ハゲタカ誌に対する具体策の明文化が明らかになるのは初めて。【鳥井真平】

 毎日新聞が専門家の協力を得て、ハゲタカ誌を出しているとされる海外の出版社の327誌を調査したところ、日本からの論文は5076本あり、新潟大は大学別で4番目に多い102本だった。このため、新潟大が対策を検討していた。

この記事は有料記事です。

残り572文字(全文870文字)

あわせて読みたい

注目の特集