メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

粗悪学術誌

新潟大、投稿「禁止」 ハゲタカ対策、明文化

 ずさんな審査で論文をインターネットに掲載し、掲載料を得る粗悪な学術誌「ハゲタカジャーナル」が増えている問題で、新潟大は、ハゲタカ誌への論文投稿を事実上禁止する学内指針「粗悪学術誌に対する方針」を定めた。掲載料支払先の明示の義務化を盛り込んでチェックし、研究者や学生向けの倫理教育の実施も求める。国内の大学で、ハゲタカ誌に対する具体策の明文化が明らかになるのは初めて。【鳥井真平】

 毎日新聞が専門家の協力を得て、ハゲタカ誌を出しているとされる海外の出版社の327誌を調査したところ…

この記事は有料記事です。

残り630文字(全文870文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猛毒魚、購入者が届け出「食べたが、元気だ」
  2. 危険生物 徳島の磯で猛毒ダコ捕獲 注意呼びかけ
  3. ソウシハギ 猛毒の魚、販売した可能性 三重・大台の食品店
  4. ミナミ拠点の半グレ集団「アビス」リーダーら数十人逮捕 傷害容疑など
  5. バラハタ 他にもいる危険な魚 「珍しい」で食べないで

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです