メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日出版文化賞

贈呈式 奥泉さん「やる気出る」

毎日出版文化賞の贈呈式を終え、記念写真に納まる受賞者(前列)ら=東京都文京区で2018年11月29日、小川昌宏撮影

 第72回毎日出版文化賞(特別協力=大日本印刷)の贈呈式が29日、東京都文京区のホテル椿山荘東京で開かれた。受賞5作品の著者と編著者、出版社に賞状などが贈られた。

 「雪の階(きざはし)」(中央公論新社)で文化・芸術部門を受賞した奥泉光さんは「多層的な日本語のリアリズム小説を書けた。やる気が、がぜん出てきた」と喜びを語った。人文・社会部門の「ファシスト的公共性」(岩波書店)の佐藤卓己さんは「偶然だが、フェイクニ…

この記事は有料記事です。

残り311文字(全文517文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  2. 「おごりが出ている。あれだけやったら中止にもなる」首相地元の苦悩

  3. 「桜を見る会」 与党に「推薦依頼」 官邸ホームページ動画に「招待枠」発言も

  4. 実は飲食物が予算案の3.5倍だった「桜を見る会」の「国会軽視」

  5. 新国立競技場でラグビー大学選手権決勝を開催 来年1月11日

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです