メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社告

「第25回日本陶芸展」出品作受け付け

[PR]

 現代陶芸界の頂点を目指す「第25回日本陶芸展」の応募の受け付けが、12月1日から始まります。

     グランプリの大賞・桂宮賜杯は公募3部門の候補作品と招待作品から選定します。展覧会は大丸東京店(2019年3月28日~4月2日)を皮切りに、大丸心斎橋店(大阪市、同4月10~15日)、茨城県陶芸美術館(笠間市、同4月下旬~7月上旬)、西日本総合展示場(北九州市、同9月19~23日)などで開催の予定です。

     <部門>第1部(伝統)=伝統を踏まえた創作作品▽第2部(自由造形)=用途にとらわれない自由な造形による作品▽第3部(生活の器)=生活の中で用いられる器<応募方法>資格は不問。団体、海外在住者可。未発表作品に限る。1人3点以内<出品料>一般=1点1万6000円、2点2万5000円、3点3万3000円。35歳以下(18年4月1日現在)=1点1万円、2点1万6000円、3点2万1000円。応募者は郵便振替で事前納入してください。振込期間は12月1~28日<作品搬入>委託輸送搬入は12月1日~19年1月12日。持参搬入受け付けは19年1月19、20日<賞>大賞・桂宮賜杯(賞金100万円)▽準大賞・日本陶芸展賞(同50万円)▽優秀作品賞(同50万円)=文部科学大臣賞、毎日新聞社賞2点▽特別賞(同30万円)=茨城県陶芸美術館賞、U35 レオパレス賞。茨城県陶芸美術館賞受賞作は原則として同美術館に寄贈。U35 レオパレス賞は、若さと創造性を最も感じさせる35歳以下の作家の作品を顕彰する新設の賞<入賞・入選発表>19年3月上旬までに毎日新聞紙上とホームページにて。応募要項の希望は、はがきで〒100-8051(住所不要)毎日新聞日本陶芸展事務局へ。電話(03・3212・0834)でも可。日本陶芸展の公式ホームページ(https://www.mainichi.co.jp/tougei/)からも印刷できます。同ホームページから出品票の提出も受け付けます。

     主催 毎日新聞社/後援 文化庁/特別協賛 レオパレス21

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 桜を見る会 内閣府「論理破綻」の内幕と説明 名簿廃棄後も復元試みず

    2. ORICON NEWS 犬の頭上から猫が生えてきている? SNSで話題の“ひょっこりにゃん”写真が撮れた理由とは

    3. 女王ザギトワ、まさかの最下位 ジャンプが軒並み回転不足 GPファイナル女子

    4. 氷河期世代支援「使い捨て」脱するには… 先行する埼玉で問題点を探った

    5. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです