メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

We♡Rugby~世界のフィールドから

NZ・イングランド戦 徹底分析 日本の攻め、広く速く ボール争奪戦で力負け

ニュージーランド選手から激しいタックルを受けた日本のFWリーチ(手前)。素早いサポートが速攻への鍵になる=藤井達也撮影

 <開幕まであと294日>

 来年9月20日に開幕するラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会に向け、日本代表(世界ランキング11位)の強化や大会運営、国内外のラグビーの話題を伝える「月刊ラグビーW杯」。第1回は11月に対戦したニュージーランド(NZ・同1位)、イングランド(同4位)とのテストマッチを通し、スポーツデータの収集分析を専門とするデータスタジアム社(東京)のデータを基に日本代表の課題、強みを探った。【大谷津統一】

 今月3日、東京・味の素スタジアムで行われたNZ戦。史上初のW杯3連覇を狙う世界王者から日本は5トラ…

この記事は有料記事です。

残り1446文字(全文1709文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. HIV感染告げなかったことを理由に内定取り消し 社会福祉法人に賠償命令 札幌地裁

  2. ORICON NEWS 高橋留美子くくりで『全るーみっくアニメ大投票』受付開始だっちゃ

  3. AV問題 元女優が目指す“抜け道ない”性病クリニック

  4. 特集ワイド 朝鮮語に生きた塚本勲さん、85歳の怒りと執念 隣国理解、まず言葉から 韓国たたきばかりの政治・マスコミ

  5. ミシェル・オバマの生き方に共感広がる 回顧録「マイ・ストーリー」が全世界で1000万部突破

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです