メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外大崎事件、再審認めず 最高裁が初の取り消し
毎日スポーツ人賞

候補者紹介/中 新人賞

体操の全日本団体選手権であん馬の演技を行う北園=佐々木順一撮影

2020に照準、若い力開花

 東京五輪・パラリンピックの開催まで2年を切った。地元の大きな声援を受けながら、大舞台で活躍する夢を実現しようと、今シーズンも多くの若い力が台頭してきた。

 9月にアゼルバイジャンの首都バクーで開かれた柔道の世界選手権で、男子66キロ級の阿部一二三(日体大)と女子52キロ級の阿部詩が、兄妹で優勝という快挙を成し遂げた。兄は2連覇だが、妹は高校3年生の18歳での初優勝。頂点へ駆け上がった。

 同じ高校生(1年)で体操男子の北園は、ブエノスアイレスでの夏季ユース五輪で、個人総合をはじめ5種目…

この記事は有料記事です。

残り893文字(全文1150文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟県警 寝坊し高速で175キロ 女性警官を書類送検
  2. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?
  4. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  5. WEB CARTOP 制限速度135km/hオーバーで逮捕の会社員! 果たして罰則はどうなる?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです