メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国

ゲノム改変双子 HIV団体、患者紹介 「治験に450万円」 中国紙報道

 【北京・浦松丈二】中国の研究者がゲノム編集技術を使ってヒトの受精卵の遺伝子を改変し、双子が生まれたと主張している問題で、北京のエイズウイルス(HIV)感染者の互助団体「白樺林」が不妊に悩む感染者カップル約50組を研究者に「臨床試験(治験)ボランティア」として紹介していたと証言した。中国紙・新京報が報じた。研究者は子どものHIV感染の抑止が目的だと主張しており、親子感染のリスクや不妊に悩むHIV感染者を治験に利用した可能性がある。

 白樺林の責任者が同紙の取材に応じた。昨年3月に南方科技大(広東省深セン)の賀建奎(がけんけい)副教…

この記事は有料記事です。

残り360文字(全文627文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ツイッターに犬暴行映像 小型犬首つり、地面にたたきつけ 通報相次ぎ福岡県警捜査へ

  2. エレキテル連合の中野さんが結婚 松尾アトム前派出所さんと

  3. 「ニセモン」? これってアリ? 中国版ポケモンGOを現地でプレーしてみた

  4. オリオン座ベテルギウス、寿命が尽き超新星爆発?異常な暗さにネット上で臆測 専門家は否定

  5. 総額数億円?選手1人の不正だけで、なぜ高額配当連発 競艇八百長事件の仕組みを探る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです