メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国

ゲノム改変双子 HIV団体、患者紹介 「治験に450万円」 中国紙報道

 【北京・浦松丈二】中国の研究者がゲノム編集技術を使ってヒトの受精卵の遺伝子を改変し、双子が生まれたと主張している問題で、北京のエイズウイルス(HIV)感染者の互助団体「白樺林」が不妊に悩む感染者カップル約50組を研究者に「臨床試験(治験)ボランティア」として紹介していたと証言した。中国紙・新京報が報じた。研究者は子どものHIV感染の抑止が目的だと主張しており、親子感染のリスクや不妊に悩むHIV感染者を治験に利用した可能性がある。

 白樺林の責任者が同紙の取材に応じた。昨年3月に南方科技大(広東省深セン)の賀建奎(がけんけい)副教授から研究プロジェクトを紹介され、白樺林を通じて治験ボランティアを募集したいと伝えられた。倫理審査について聞くと、賀副教授は「それは問題ない。必ず通過できる」と答えたという。

この記事は有料記事です。

残り273文字(全文627文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える あそこは左翼の巣窟だけど… 反学術会議派・小林節氏が首相を糾弾する理由

  3. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  4. 再選択2020~私の見方 東京一極集中は「けったくそ悪い」 漫才師・西川のりおさん 大阪都構想住民投票

  5. 毎日新聞に「嵐」の二宮さん iPhone広告で全国紙5紙に1人ずつ掲載

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです