スポーツ議連PT

JOCなど、団体を審査 不祥事防止、国も関与

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 スポーツ界で相次いだ不祥事の再発防止策を検討してきた超党派のスポーツ議員連盟プロジェクトチーム(PT)が日本オリンピック委員会(JOC)などの統括団体が定期的に競技団体の健全性を審査する制度の導入を柱とした提言案をまとめた。国も一定の関与をする。30日にPTで議論する。近くとりまとめてスポーツ庁に提出する。同庁が年内にも基本方針を示す。

 東京証券取引所の例を参考に、競技団体が守るべき「ガバナンスコード」をスポーツ庁が新たに策定して審査する。統括団体は中央競技団体に対してコードに適合しているかを加盟の要件とする。審査を4年ごとに実施して結果を公表する。

この記事は有料記事です。

残り190文字(全文469文字)

あわせて読みたい

注目の特集