訃報

赤木春恵さん 94歳=俳優

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

頼られた「渡鬼」ママ死去

 テレビドラマ「渡る世間は鬼ばかり」のしゅうとめ役などで知られる俳優の赤木春恵(あかぎ・はるえ、本名・小田章子=おだ・あやこ)さんが29日、心不全のため死去した。94歳。通夜は12月3日午後6時、葬儀は4日午後1時、東京都杉並区永福1の8の1の築地本願寺和田堀廟所。喪主は長女の夫、野杁和俊(のいり・かずとし)さん。葬儀委員長はテレビプロデューサーの石井ふく子(いしい・ふくこ)さん。

 旧満州(現中国東北部)出身。1940年に松竹のニューフェースとしてデビュー。戦時中は慰問劇団の座長として、旧満州を回った。戦後は舞台や映画で活躍。テレビドラマ「おしん」や「3年B組金八先生」などに出演し、確かな演技力で作品を支えた。映画初主演作「ペコロスの母に会いに行く」で2014年に毎日映画コンクール女優主演賞を受賞した。

この記事は有料記事です。

残り236文字(全文604文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集