メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

まるで海外!?楽しく学ぶ英語村、各地に 「プチ留学」で生きた会話力

飛行機の客室をリアルに再現したブースで客室乗務員との会話を体験する中学生ら=東京都江東区の「東京都英語村」で、村瀬優子撮影

 まるで海外にいるような雰囲気の中で、楽しみながら英語を学ぶ「英語村」が各地に広がっている。外国人スタッフが駐在し、英語以外は原則使用禁止。日本人が苦手とする実践的な英会話が身につくとされ高校や大学内に常設されたケースも。2020年の東京五輪・パラリンピックや25年の大阪万博での「おもてなし」の一助にと英語力の底上げが期待される中、注目を集める取り組みを取材した。【村瀬優子】

この記事は有料記事です。

残り2172文字(全文2361文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです