メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

まるで海外!?楽しく学ぶ英語村、各地に 「プチ留学」で生きた会話力

飛行機の客室をリアルに再現したブースで客室乗務員との会話を体験する中学生ら=東京都江東区の「東京都英語村」で、村瀬優子撮影

 まるで海外にいるような雰囲気の中で、楽しみながら英語を学ぶ「英語村」が各地に広がっている。外国人スタッフが駐在し、英語以外は原則使用禁止。日本人が苦手とする実践的な英会話が身につくとされ高校や大学内に常設されたケースも。2020年の東京五輪・パラリンピックや25年の大阪万博での「おもてなし」の一助にと英語力の底上げが期待される中、注目を集める取り組みを取材した。【村瀬優子】

この記事は有料記事です。

残り2172文字(全文2361文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  2. 「亡き友よ 次は甲子園の優勝メダル届けるよ」筑陽学園・西舘投手
  3. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  4. 高2自殺の背景に教員らの「いじめ」があった 遺族は強い憤り
  5. 初出場の筑陽学園がセンバツ初勝利 福知山成美との競り合い制す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです