メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

点字の周りで

視覚障害の世界 読書はどうやって? 点訳・音訳楽しんで

専用の機器を使って外出先でも読書を楽しむ三上洋さん=大阪市天王寺区で、平井俊行撮影

 寒くなると、家で読書を満喫する人が多いでしょう。目が見えない・見えにくい人もいろいろな方法で本を楽しんでいます。目で読む文字を点字にした「点訳」や人の声で録音した「音訳」の図書があるからです。

 各地には、こうした本を貸し出す「点字図書館」という施設が80余りあります。本を作るのはボランティアの人たちです。利用者は電話をすれば、本を無料で郵送してもらえます。

 全盲の本間一夫(1915~2003年)によって1940年に創立された日本点字図書館(東京都新宿区)…

この記事は有料記事です。

残り578文字(全文808文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 育休明けに倉庫勤務「不当な配転」 アシックス男性社員訴え
  2. 逃亡犯条例「事実上の廃案」 香港高官、ロイターの取材に
  3. 養護施設元職員、入所の男子中学生にわいせつ行為 児福法違反容疑
  4. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 
  5. 陸上イージス・アショア問題「泥沼」 防衛省の調査ミス

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです