メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シャープ

亀山工場で雇い止め 怒る日系ブラジル人男性

 長く勤めた会社を辞め、高給で誘われてシャープの亀山工場で働いた。しかし、たった9カ月で突然の雇い止め。その間も給料や勤務日数を減らされていた。ブラジル国籍の日系2世の男性(68)は「ずっと続けたかったのに急に辞めろと言われ、ショックだ。このままでは暮らしていけない。外国人をいじめているとしか思えない扱いだ」と憤慨している。

 1994年に来日し、広島県や大阪府など、仕事を変えながら住居を転々とした。ずっと1人暮らし。200…

この記事は有料記事です。

残り489文字(全文702文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 神戸市立小教諭いじめ「連帯責任」 小中高校長ら320人ボーナス増額見送り

  2. 宮川花子さん、多発性骨髄腫を公表 「舞台に立って感謝の涙を流したい」

  3. グレタさん「最大の脅威は行動を取らないこと」COP25演説全文

  4. サンマが黄色く変色…「メインおかず」抜きの給食に 草津の小学校

  5. 中村哲さん合同葬「父から学んだことは、思いを大切にすること…」 長男健さんコメント全文

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです