メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

英国

日航副操縦士「寂しさ」きっかけに飲酒 弁護側主張

 乗務前に呼気から基準値を大幅に超えるアルコールが検出され、英国の運輸関係法令違反の罪に問われた日航副操縦士、実川克敏(じつかわ・かつとし)被告(42)に対し、ロンドン西部の刑事法院のマシューズ裁判官は29日、被告が乗務前「まだ酩酊状態」だったと厳しく糾弾した。弁護側は家族と離れているという「寂しさ」などから飲酒に至ったと説明した。

 判決理由で裁判官は「(検査)数値を見る限り、まだ酩酊(めいてい)状態で(仮に乗務していたならば)数…

この記事は有料記事です。

残り326文字(全文543文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「名古屋走り」不起訴から一転起訴

  2. 常勝ホークス作った王さん 「俺は本当に悔しい」深夜の激白から19年目の雪辱

  3. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  4. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  5. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです