メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

英国

日航副操縦士「寂しさ」きっかけに飲酒 弁護側主張

 乗務前に呼気から基準値を大幅に超えるアルコールが検出され、英国の運輸関係法令違反の罪に問われた日航副操縦士、実川克敏(じつかわ・かつとし)被告(42)に対し、ロンドン西部の刑事法院のマシューズ裁判官は29日、被告が乗務前「まだ酩酊状態」だったと厳しく糾弾した。弁護側は家族と離れているという「寂しさ」などから飲酒に至ったと説明した。

 判決理由で裁判官は「(検査)数値を見る限り、まだ酩酊(めいてい)状態で(仮に乗務していたならば)数…

この記事は有料記事です。

残り326文字(全文543文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  2. 三鷹でアパート火災、1階の部屋から1遺体
  3. レオパレスの融資実態、一斉調査へ 金融庁、施工不良問題巡り
  4. 硫黄島戦没者遺骨 遺族「DNA鑑定を」 厚労省は「遺品なし」理由に拒否
  5. 大坂選手「成功より幸福感大事」 コーチ契約解消で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです