メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福島・郡山

「保護猫」の里親支援 自宅改装しカフェに

来客者が保護猫との触れ合いを楽しめる猫カフェ「love.lab」=笹子靖撮影

 2011年の東日本大震災直後、けがをした猫を助けたのをきっかけに「保護猫」の里親支援に乗り出した福島県郡山市の女性がいる。自宅の雑貨店を猫カフェ「love・lab」に改装し、譲渡活動に力を入れる。猫ブームの一方で、飼い主の身勝手さから保健所などに保護され、殺処分される猫も多い現状に「命を大切にする心を育てる手助けになれば」と話している。【笹子靖】

 保護猫の活動をしているのは、郡山市静町1の渡辺愛子さん(42)。震災から約3カ月が過ぎた6月23日…

この記事は有料記事です。

残り817文字(全文1042文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 ハンドルほぼ操作せず 87歳男性パニックか
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  4. AAAリーダーを暴行容疑で逮捕 「飲みに行こう」と誘うも断られ平手打ち
  5. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです