メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福島・郡山

「保護猫」の里親支援 自宅改装しカフェに

来客者が保護猫との触れ合いを楽しめる猫カフェ「love.lab」=笹子靖撮影

 2011年の東日本大震災直後、けがをした猫を助けたのをきっかけに「保護猫」の里親支援に乗り出した福島県郡山市の女性がいる。自宅の雑貨店を猫カフェ「love・lab」に改装し、譲渡活動に力を入れる。猫ブームの一方で、飼い主の身勝手さから保健所などに保護され、殺処分される猫も多い現状に「命を大切にする心を育てる手助けになれば」と話している。【笹子靖】

 保護猫の活動をしているのは、郡山市静町1の渡辺愛子さん(42)。震災から約3カ月が過ぎた6月23日…

この記事は有料記事です。

残り817文字(全文1042文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女性専用車両「男性の目がないから…」TV番組炎上 「痴漢こそ問題視すべきだ」声も

  2. 岐阜・中3いじめ転落死 同級生3人を強要容疑で書類送検 岐阜県警

  3. 岐阜中3自殺 市教委いじめ認め謝罪「寄り添えていなかった」

  4. 「金払う、サンドバッグ、土下座--から選択」いじめ34件を認定 岐阜の中3転落死

  5. 奈良で不明の女子高生保護、誘拐容疑で姉ら男女3人を逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです