メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クラロワ

プロチーム世界一決定戦 12月1日幕張で開幕

「クラロワリーグ 世界一決定戦2018」に出場する選手ら=千葉市美浜区の幕張メッセで2018年11月30日

 初代チャンピオンの栄冠はどのチームの頭上に輝くのか。リアルタイム対戦型モバイルカードゲーム「クラッシュ・ロワイヤル」(スーパーセル社、以下クラロワ)の公式eスポーツリーグ「クラロワリーグ 世界一決定戦2018」が12月1日、幕張メッセ(千葉市美浜区)で開幕する。世界各地域の公式プロリーグを勝ち抜いた猛者たちが集い、熱戦の火ぶたが切られる。

 出場するのは、アジアから韓国の「KING-ZONE DragonX」(キングゾーンドラゴンエックス)、北米から米国の「Immortals」(イモータルズ)、欧州からスペインの「Team Queso」(チームケィソ)、ラテンアメリカからブラジルの「Vivo Keyd」(ヴィヴォキード)、中国から「NOVA Esports」(ノヴァイースポーツ)に加え、開催国枠として日本チームで最も順位が高かった「PONOS Sports」(ポノススポーツ)の計6チーム。

 プロリーグは今年、5地域に創設。2500万人を超えるプレーヤーが挑戦したゲーム内イベント「クラロワリーグ20勝チャレンジ」で勝利をおさめた113カ国約7000人の中から選ばれた、世界トップレベルの実力を持つプレーヤーが、アジア12チーム、中国8チーム、北米8チーム、ヨーロッパ8チーム、ラテンアメリカ8チームに所属して参戦。リーグ戦を繰り広げ、勝ち上がったリーグ王者たちが集結した。

 世界一決定戦の組み合わせは、第1試合がイモータルズ-ポノススポーツ、第2試合がキングゾーンドラゴンエックス-チームケィソ。それぞれ勝ち上がった方がシードのヴィヴォキード、ノヴァイースポーツと準決勝で当たる。

 ポノススポーツの監督兼絶対エースのみかん坊やは「日本代表として選ばれたからには、悔いが残らないように1試合1試合を全力で戦う。大きな舞台なので、自分たちの力を最大限発揮できるようにすることが一番だ」と意気込みを語った。

 本大会は6言語で世界同時配信され、熱戦が全世界に中継される。【兵頭和行、平野啓輔】

クラッシュ・ロワイヤル

 スマートフォンとタブレットで遊べる対戦型カードゲームで、世界中のプレーヤーとリアルタイムで対戦できる。ゲームはプレーヤー同士が自ら選択した8枚のカードを使って、制限時間内に相手のタワーを一つでも多く破壊した方に軍配が上がる。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「女子はコミュ力が高いが20歳過ぎれば差がなくなるので男子を補正」 順天堂不適切入試
  2. 住宅ローン減税、現行の10年から13年に 3年延長検討 消費増税対策で
  3. 麻生財務相の言いたい放題、なぜ許される 批判の声と許容の声
  4. 盗難の松本清張全集、ファン寄贈 北九州の図書館、書棚に戻る
  5. 逮捕前のゴーン前会長、西川社長の更迭計画 米紙報道

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです