メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国会

入管法改正案の参院審議 「未定の山」野党追及

 外国人労働者受け入れ拡大のための入管法改正案は29日、参院法務委員会で実質審議入りした。大島理森衆院議長が衆院採決にあたって「施行前に新制度の全体像を明らかにすべきだ」と政府に強く求めたことを受け、山下貴司法相は同委で「法施行の前に、政省令を含む全体像を国会に報告する」と明言。しかし野党は受け入れ企業による給与の「ピンはね」対策など、改正案に明記されていない具体策をさらに追及した。

 立憲民主党の小川敏夫氏は同委で、現在の技能実習制度を例に、受け入れ企業などが住居費や食費などの名目で多額の給与天引きを行う恐れを指摘。「(住居確保などの)費用を外国人労働者に負担させない規定が、法案のどこにもない」と指摘した。

この記事は有料記事です。

残り617文字(全文924文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿区、困窮者に退出促す ホテル滞在、東京都の延長知らせず

  2. 「どんな思いで亡くなられたのか」めぐみさんの同級生、声を詰まらせ 横田滋さん死去

  3. 「民度が違う」発言で麻生氏がさらした決定的な事実誤認とは

  4. ORICON NEWS 生田斗真&清野菜名が結婚発表「お互いを支え合いながら共にこの危機を乗り越え」

  5. 自衛隊員の「テンピン停職」知りながら…法務省、黒川氏処分の「参考にせず」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです