メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
中国

「ゲノム編集双子」研究者、HIV感染者を治験に?

「互助団体、不妊カップル50組を紹介」報道

 【北京・浦松丈二】中国の研究者がゲノム編集技術を使ってヒトの受精卵の遺伝子を改変し、双子が生まれたと主張している問題で、北京のエイズウイルス(HIV)感染者の互助団体「白樺林」が不妊に悩む感染者カップル約50組を研究者に「臨床試験(治験)ボランティア」として紹介していたと証言した。中国紙・新京報が報じた。

 研究者は子どものHIV感染の抑止が目的だと主張しており、親子感染のリスクや不妊に悩むHIV感染者を…

この記事は有料記事です。

残り446文字(全文671文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日本一の超高層ビル建設、森ビルが計画発表 2023年に330メートル

  2. ORICON NEWS 『天気の子』興行収入100億円を突破 日本映画では『君の名は。』以来3年ぶり

  3. タイタニック、腐食進む 14年ぶり有人海底探査

  4. 河野外相“フェイクニュース”に不快感 日韓会談前、記者に「キヤノン? ニコン?」

  5. 「表現の不自由」考 「従軍慰安婦はデマ」というデマ 歴史学者、吉見義明氏に聞く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです