メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

元徴用工判決

「韓国政府次第」原告、日韓交渉見極め

 【ソウル堀山明子】韓国最高裁が29日、元徴用工と元女子勤労挺身(ていしん)隊による2件の戦後補償訴訟で三菱重工に賠償を命じたのを受け、原告や支援団体は被害者救済のために韓国外務省が積極的に日本と交渉するよう要求した。韓国政府が外交交渉に出るのか、国内で処理するのか方向性が見えず、原告側は今後の対応は「韓国政府次第」と硬軟両にらみで構えている。

 「差し押さえの強制執行をするのかは、韓国政府に聞いてくれ。どう解決するかは政府の責任だ」

この記事は有料記事です。

残り522文字(全文740文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  2. 博多駅前に倒れている女性、搬送先病院で死亡確認 マンションから転落か
  3. 男性2人刺され死亡 逃げた男を警察が確保 名古屋
  4. 「出演見合わせ」「場面カット」などテレビ各局、対応に追われる 吉本所属芸人11人ら処分受けて
  5. 芸能界と反社会的勢力 根深い関係、どう断ち切る 吉本「闇営業」問題

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです