メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

元徴用工判決

「韓国政府次第」原告、日韓交渉見極め

 【ソウル堀山明子】韓国最高裁が29日、元徴用工と元女子勤労挺身(ていしん)隊による2件の戦後補償訴訟で三菱重工に賠償を命じたのを受け、原告や支援団体は被害者救済のために韓国外務省が積極的に日本と交渉するよう要求した。韓国政府が外交交渉に出るのか、国内で処理するのか方向性が見えず、原告側は今後の対応は「韓国政府次第」と硬軟両にらみで構えている。

 「差し押さえの強制執行をするのかは、韓国政府に聞いてくれ。どう解決するかは政府の責任だ」

この記事は有料記事です。

残り522文字(全文740文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「いじめられていないんやな」前校長が「否定迫る」 神戸の教諭訴え

  2. 北大、脅迫メールで「金葉祭」中止を発表 イチョウ並木ライトアップのイベント

  3. 元「KAT-TUN」田口被告捜索動画 厚労省がテレビ制作会社に提供

  4. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  5. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです