メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

学術誌

「ハゲタカジャーナル」投稿を事実上禁止 新潟大

 ずさんな審査で論文をインターネットに掲載し、掲載料を得る粗悪な学術誌「ハゲタカジャーナル」が増えている問題で、新潟大は、ハゲタカ誌への論文投稿を事実上禁止する学内指針「粗悪学術誌に対する方針」を定めた。掲載料支払先の明示の義務化を盛り込んでチェックするほか、研究者や学生向けの倫理教育の実施も求める。国内の大学で、ハゲタカ誌に対する具体策の明文化が明らかになるのは初めて。

 毎日新聞が専門家の協力を得て、ハゲタカ誌を出しているとされる海外の出版社の327誌を調査したところ、日本からの論文は5076本あり、新潟大は大学別で4番目に多い102本だった。このため、新潟大が対策を検討していた。

この記事は有料記事です。

残り604文字(全文899文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クックパッドニュース 一生使える!レストランシェフが作った「ゆで卵の時間表」が超絶便利

  2. 「サムハラ神社」神職が祈とう中にわいせつ行為の疑い 大阪府警が逮捕

  3. 政府のウィズコロナ「間違っている」? 疫学専門医師が訴える「ゼロコロナ戦略」とは

  4. 大阪は新たに273人感染、300人下回るのは3週間ぶり 新型コロナ

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです