メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

岩手県

皇室に贈るリンゴの箱詰め

献上リンゴを丁寧に箱に詰める生産者たち=盛岡市中央通のエスポワールいわてで2018年11月29日午前10時29分、藤井朋子撮影

 皇室に贈る岩手県産リンゴの箱詰め作業が29日、盛岡市内で行われた。優れた生産者16人が、ふじとはるか、青林の3種から選び、蜜がたっぷり詰まった最上級約330個を次々と詰めた。

 亡くなられた秩父宮さまが昭和初期、盛岡の騎兵連隊に勤務した縁で1940年に始まったという。終戦直後を除き毎年続き、今年は3…

この記事は有料記事です。

残り116文字(全文266文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 瀬戸内海、少し濁ってちょうどいい? 魚呼び戻せ 兵庫県が排水規制撤廃へ

  2. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

  3. 「絶滅」一転、イノシシ被害7300万円 山形、越冬できないはずが…

  4. 疑問氷解 人間に育てられた犬や猫は、動物の言葉はわからないのですか?

  5. 安倍首相、名簿のシュレッダー処理「担当は障害者雇用の職員」と答弁 批判相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです