メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲

力士給与18年ぶり増額 横綱で月額300万円

満員御礼の垂れ幕が下がる両国国技館=東京都墨田区で2018年9月19日、手塚耕一郎撮影

 日本相撲協会は29日、東京・両国国技館で定例理事会を開き、来年1月から十両以上の力士の給与を、月額で6.2~7%増額することを決めた。力士の給与増額は18年ぶり。

 力士の新給与は月額で、横綱300万円▽大関250万円▽三役180万円▽平幕140万円▽十両110万円。また、幕下以下の力士に場所ごとに…

この記事は有料記事です。

残り202文字(全文352文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一斉休校は「科学より政治」の悪い例 クルーズ船対応の失敗を告発した岩田教授に聞く

  2. トイレットペーパーに続きティッシュまで買い占め 業界、デマに冷静な対応呼びかけ

  3. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  4. 岩手県立病院の女性臨時職員がマスク無断で持ち出しフリマアプリで転売 二戸

  5. 拝啓 ベルリンより 私を「コロナ」と呼んだ青年に言いたかったこと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです