メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
大相撲

力士給与18年ぶり増額 横綱で月額300万円

満員御礼の垂れ幕が下がる両国国技館=東京都墨田区で2018年9月19日、手塚耕一郎撮影

 日本相撲協会は29日、東京・両国国技館で定例理事会を開き、来年1月から十両以上の力士の給与を、月額で6.2~7%増額することを決めた。力士の給与増額は18年ぶり。

 力士の新給与は月額で、横綱300万円▽大関250万円▽三役180万円▽平幕140万円▽十両110万円。また、幕下以下の力士に場所ごとに…

この記事は有料記事です。

残り202文字(全文352文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セブン-イレブン、オーナーが「9月から日曜定休」通告 本部と協議も物別れ

  2. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. 東日本大震災 県内の放射線量 /福島

  5. WEB CARTOP 日産は大丈夫なのか? 2019年の第一四半期決算が営業利益約99%減の事情

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです