大相撲

力士給与18年ぶり増額 横綱で月額300万円

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
満員御礼の垂れ幕が下がる両国国技館=東京都墨田区で2018年9月19日、手塚耕一郎撮影
満員御礼の垂れ幕が下がる両国国技館=東京都墨田区で2018年9月19日、手塚耕一郎撮影

 日本相撲協会は29日、東京・両国国技館で定例理事会を開き、来年1月から十両以上の力士の給与を、月額で6.2~7%増額することを決めた。力士の給与増額は18年ぶり。

 力士の新給与は月額で、横綱300万円▽大関250万円▽三役180万円▽平幕140万円▽十両110万円。また、幕下以下の力士に場所ごとに…

この記事は有料記事です。

残り202文字(全文352文字)

あわせて読みたい

ニュース特集