メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外藤井七段、公式戦100勝達成
毎小ニュース

文化 かこさんの遺作出版(その2止) 描き続けた、かこさん 作家の原点は戦争体験

「みずとは なんじゃ?」の1ページ

 <1めんからつづく>

     「なんとかかたちにしようと必死ひっしおもいでった作品さくひんが、できあがりました」。11がつ上旬じょうじゅん、かこさとし(加古里子かこさとし)さんの長女ちょうじょ鈴木すずき万里まりさんは、完成かんせいした絵本えほん「みずとは なんじゃ?」をに、しみじみといました。「どもたちのためにいっさつでもおおくのほんとどけたい、と。そのために戦後せんごつづけた人生じんせいくなってもなお、こうしてみなさんにんでいただける作品さくひんせたことはねがってもないことでしょう」

     最後さいごまできなかった、かこさんの創作そうさく意欲いよくはどこからわいていたのでしょうか。生前せいぜん、かこさんは記者きしゃ取材しゅざいにこうこたえてくれました。

    かこさんが描いた「みずとは なんじゃ?」の下絵。視野が狭まり、1、2センチの短い線を継ぎ足して描いてあります

     「ぼく本来ほんらいなら(戦争せんそうで)特攻隊とっこうたいいんになってんでいたはずです。のこったというより『のこった』。軍人ぐんじんになりたいと判断はんだんしたけれど、近視きんしでなれなくてにそこなった。あやまった判断はんだんをし、おめおめときている。このあやまちをなんとか自分じぶんもどしたい」

     「戦争せんそう大人おとな責任せきにんだ。もう大人おとなには貢献こうけんしたくない。あやまちのつぐないは、なんつみもないどもにしたい。そうすれば自分じぶんきる意味いみがあるだろう、と。どもさんは自分じぶんあたまかんがえ、大人おとななんおうとおかしいことはおかしいとって、大人おとなえていかないといけない。そういうちからって未来みらいひらいてほしいと、おもいをたくしているわけです」

    覚悟かくご決心けっしん

     万里まりさんはいます。「『なぜそこまでやるのか』と周囲しゅういおもうほど最後さいごまで現役げんえきでした。そこに戦争せんそうという時代じだいのすさまじさをかんじます。多感たかん時期じきおおくのひと戦争せんそううしない、自分じぶんんだかもしれない。そこから人生じんせいをどうきようかとなやんだすえ覚悟かくご決心けっしんは、相当そうとうなものだったとおもいます。その精神せいしん最後さいごまでつづけ、絵本えほんつくっていたのでしょう」【宇多川うだがわはるか】


     「自分じぶんあたまかんがえるひとになってほしい」--。工学こうがく博士はくしでもあったかこさんは、かずおおくの科学かがく絵本えほんのこしました。どもの好奇心こうきしんによりそい、身近みぢか物事ものごとから本質ほんしつせまりました。科学者かがくしゃ視点してんかした科学かがく絵本えほんは、大人おとなんでも、発見はっけんがあります。【篠口純子しのぐちじゅんこ

    んでみよう 科学かがく絵本えほん数々かずかず

     ◆かわ(福音館書店ふくいんかんしょてん/972えん

     1962ねん出版しゅっぱんされたロングセラー。山奥やまおく雪解ゆきどみずあめからまれたちいさなながれが、やまくだり、平野部へいやぶながれ、やがてうみへとそそぎます。かわ一生いっしょう周辺しゅうへん人間にんげんいとなみとともに、画面がめんいっぱいにこまかくえがいています。

     ◆はははのはなし(福音館書店ふくいんかんしょてん/972えん

     がなければものべられません。でかみきり、すりつぶして、からだなかおくることで栄養えいようをとっているのです。役割やくわりやなぜ虫歯むしばになるのか、みがきの大切たいせつさをつたえます。そして最後さいごに「ははは」とわらえます。

     ◆だんめんず(福音館書店ふくいんかんしょてん/972えん

     花瓶かびん、バイオリン、エスカレーター、くるまいえ……。「もしったら」とかんがえてえがいた断面だんめん登場とうじょうします。工事こうじをしたり、ものつくったりするひとたちが使つか断面だんめんれば、仕組しくみがわかる面白おもしろさがあります。

     ◆宇宙うちゅう福音館書店ふくいんかんしょてん/1620えん

     「ノミはなぜ自分じぶんからだの100ばいたかがるのか」という身近みぢか疑問ぎもんから、重力じゅうりょく宇宙うちゅうひろがりへと解説かいせつしています。福音館ふくいんかん科学かがくシリーズ「うみ」「地球ちきゅう」「宇宙うちゅう」「人間にんげん」のひとつです。

     ◆ダムをつくったおとうさんたち(偕成社かいせいしゃ/2160えん

     1959ねん絵本えほんデビューさく「だむのおじさんたち」から29ねん。5かこくのおとうさんたちが協力きょうりょくして、インドネシアで巨大きょだいなダムと発電所はつでんしょつくりあげたのを現地げんち取材しゅざいしました。完成かんせいまでを正確せいかくえがいた科学かがくドキュメント絵本えほん

     ◆世界せかい化学者かがくしゃ12かげつ 科学かがく歴史れきし偕成社かいせいしゃ/1944えん

     つきごとに「今月こんげつ化学かがくひと」を、その業績ぎょうせきやエピソードをまじえて紹介しょうかいしています。1982ねん出版しゅっぱんされた「かがやく年月としつき 化学かがくのこよみ 化学かがく偉人いじん科学かがく歴史れきし」を、かこさんの90さい記念きねんして復刊ふっかんしたいっさつです。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ミナミ拠点の半グレ集団「アビス」リーダーら数十人逮捕 傷害容疑など
    2. 社説 順天堂大も入試不正 言い訳の非常識さに驚く
    3. ふるさと納税、偽サイト乱立 大幅「割引」うたい返礼品届かず 福岡県警が捜査
    4. ORICON NEWS 2018年 今年の漢字は「災」に決まる  “平成最後”過去23年間分も紹介&解説
    5. ORICON NEWS 『本当に住みやすい街2019』大賞に赤羽 シニア編は大泉学園がグランプリ

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです