メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

写真集

「猫の視線持ちたい」沖昌之さんの「残念すぎるネコ」 展示も

=「残念すぎるネコ」より(c)Masayuki Oki

 「かわいい!」というより「なんだこれは」「どうしてそうなった?」。猫好きはもちろん、そうでない人も噴き出すような野良猫の仕草や表情をとらえるのは、写真家の沖昌之さん(40)。雑誌連載やテレビの情報番組への写真提供で活躍し、インスタグラムのフォロワーは10万人を超える。9月に3冊目の写真集「残念すぎるネコ」を出版し、個展を開催中の沖さんを訪ねた。

 前作の「必死すぎるネコ」は発売から約1年で9刷を重ねている。「週刊誌の連載が始まるなど活動が広がり…

この記事は有料記事です。

残り1087文字(全文1311文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沢尻容疑者代役に川口春奈さん 大河ドラマ「麒麟がくる」帰蝶役

  2. 「妊娠しないで」「謝れ」「戻る場所ない」これがマタハラの実態

  3. クマの親子とバッタリ 69歳男性、顔などかまれ重傷 滋賀

  4. 「日本で問題起きた」反日批判で外務省急変 ウィーン美術展公認取り消し

  5. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです