メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

写真集

「猫の視線持ちたい」沖昌之さんの「残念すぎるネコ」 展示も

=「残念すぎるネコ」より(c)Masayuki Oki

 「かわいい!」というより「なんだこれは」「どうしてそうなった?」。猫好きはもちろん、そうでない人も噴き出すような野良猫の仕草や表情をとらえるのは、写真家の沖昌之さん(40)。雑誌連載やテレビの情報番組への写真提供で活躍し、インスタグラムのフォロワーは10万人を超える。9月に3冊目の写真集「残念すぎるネコ」を出版し、個展を開催中の沖さんを訪ねた。

 前作の「必死すぎるネコ」は発売から約1年で9刷を重ねている。「週刊誌の連載が始まるなど活動が広がりました。旅行会社の企画で、来年はトルコでの撮影ツアーに行きます」。もともと猫好きの母親はもちろん、そうでもなかった父親も写真をほめてくれるようになったという。

この記事は有料記事です。

残り1008文字(全文1311文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  2. 東京アラート、2指標で発動目安を上回る 残るは「1日20人未満」 要警戒

  3. 「警官に押さえ込まれけが」 渋谷署前で200人が抗議デモ クルド人訴えに共鳴

  4. 松尾貴史のちょっと違和感 早朝だけのゴミ収集 夜間にすると暮らしやすくなる

  5. 釧路、根室で震度4 震源は十勝沖、津波の心配なし

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです